テレアポ代行サービスについて徹底的にまとめてみた!

テレアポ代行サービスとは

テレアポ代行サービスとは電話(コール)を代行するサービスです。
自社の営業のリソースが足りないため
営業代行会社にテレアポ代行することを言います。

テレアポ代行サービスの進め方

テレアポ代行サービスの進め方は下記です
リストの最適化を行い、トークスクリプトを作成します。
そしてそこにコール担当者が営業電話をかけます。
次に営業マン(架電の管理者)が進捗を、
見つつクライアントとトークスクリプトの変更や、
架電対象を変更するか会議を行います。

また別で訪問まで代行している企業様がいたり、メールの営業してくれる
業者もいたりします 。

テレアポ代行サービスの進め方を詳しく記載します。

テレアポ代行サービスの進め方1 リストの最適化

テレアポ代行サービスを行う中でターゲットリストの選定はとても大事です。
このターゲットリストを自社で行う企業様もあります.

またこちらを用意してから架電を行う企業もあります。

このリストに関してはオプションで
費用が1件あたり数十円かかってくる企業様がいたりします。

またツールなどを利用して無料でターゲットリストを作成してくれる企業もあります。

弊社バーチャルテックでは、
こちらのリストを全て手作業で作らせて頂いています。

その理由としては、
営業のターゲットリストを作る際にどうしても売上や、
業種業界ごとにジャンルを分けるケースが多いのですが、
その場合、課題に寄り添った提案が刺さらないケースがあります。

そのため、バーチャルテックでは全て手作業でリストを作成しています。

テレアポ代行サービスの進め方2 トークスクリプトの作成をする

テレアポ代行会社のサービスの内容で、
トークスクリプトの作成があります。

企業によっては、このトークスクリプトを1回までしか変更しない
といったような企業もあります。

反対に、何回でもこのトークスクリプトを変更できるといった企業もあります。

このトークスクリプトによって、企業がアポイントを取得する、アポ取得率がかなり変わります。

そのためテレアポ代行会社は、こちらのトークスクリプトを作るのが仕事なので
しっかりと専門のテンプレートになっているかの確認を行ってください。

テレアポ代行サービスの進め方3 営業電話をかける

テレアポ代行会社のサービスとしてターゲットリストに対して
架電を行う作業になります。

後ほど記載しますがこの家電をかける方も重要になります。

テレアポ代行サービスの進め方4 コールの進捗をなどを行う

テレアポ代行会社のサービスとして、途中でコールの進捗などを確認し、
方向を修正する企業もあります。

ただし一度発注をしてしまった後に、
トークスクリプトの変更もコールのターゲットリストも変更できない企業もあるので、
ご注意ください。

訪問まで代行してくれるテレアポ代行サービス

実際にテレアポ代行会社がアポイントを取得した後に、訪問まで行う企業もあります。

例えば Web の広告の商材で、テレアポ代行会社がアポイント取得した後に
初回の訪問だけお伺いするケースがあります。

メール営業してくれるテレアポ代行会社

テレアポ代行会社によっては、メール営業を行う企業もいます。
テレアポ代行だけではなくメールによってアポイントを取得するケースになります。

テレアポ代行サービスの料金比較

テレアポ代行サービスの料金比較 初期費用

多くのテレアポ代行会社様で初期費用というものが発生します。
よくあるパターンとして成果報酬と記載をしている企業様に関しては、
ほとんど初期費用が発生するイメージになります。

この価格も約3万円~10万円を見ておくといいでしょう。

この初期費用は一体何なのかお話をします。

テレアポ代行サービス初期費用 トークスクリプトの作成

テレアポ代行サービスとして架電を行います。
その前に、トークスクリプトの作成が必要になります。
このトークスクリプトの作成はテレアポ営業の専門の人が行うため、
初期費用として含まれます。

テレアポ代行サービス初期費用 案件管理費用

コールを行う担当者を取りまとめるプロジェクトマネージャーのような方がいます。
その方が案件を管理する費用として、こちらの案件管理費用に発生します。
こちらは月額で発生するパターンもあるので、気をつけてください。

テレアポ代行サービス初期費用 デポジット成果報酬型の企業に関して

先にデポジットを支払うケースがあります。
大体費用として10万円~、高くて30万円ほど見ておいてください。

テレアポ代行サービスの料金比較 稼働費用

稼働については3パターンあります。
成果報酬、固定報酬、ハイブリッド型になります。

テレアポ代行サービスの料金比較稼働費用の成果報酬は3パターンあります。

テレアポ代行サービスの料金 1アポイント取得単価

アポイント取得単価は1アポイント取得あたりいくら発生するという形になります。
相場として1万5000円がテレアポのアポイント取得の平均取得単価になります。

ただし、こちらは先方アポイントを取る方の役職や商材の難易度によって変化します。

テレアポ代行サービスの料金 架電1件単価の成果報酬

また別の企業様の場合、架電1件単価で費用が発生するケースもあります。
業界で一番安い企業様だと家電一件あたり88円からの企業様もいます。
こちら高いところで大体1コールあたり400円といった企業様もあります。

なので10件かければ400円、4000円といったようなイメージになります。

これらは総じて注意をしてほしい点があります。
役職ですとか商材の難易度で金額が変わることが多いです。

またデポジットといったような支払いにもなることがあるので注意してください。
特に架電一件あたりで請求する企業様になると、
受付で断られただけでも費用が発生します。
また実際に架電をする件数を KPI として設定されるので
コールが雑になる可能性もあります。

こういった企業様は裏で架電をする人と
コール1件あたりいくらと言った金額で発注をしているケースが多いので、
どうしても行動する人も件数を折ってしまうことがあります。

テレアポ代行サービスの料金比較稼働費用の固定報酬

固定報酬では非ベースの稼働で料金を支払う形になります。
固定報酬のメリットとして、しっかりと固定報酬を支払うことで
より良い営業の人材がアサインされます。

どうしても稼働の単価が低いと、大学生に架電をしてもらったり
時間が限られた主婦の方の稼働になったりします。

主婦の方が悪いというのではなく、まだ能力の低い方がアサインされるようになってしまうので
どうしても質が落ちてしまう可能性があります。
反面、固定報酬でしっかり料金をお支払いすれば、より優秀な人材に架電を行ってもらうことができます。

テレアポ代行サービスの料金比較ハイブリッド型

ハイブリッド型とは、
成果報酬で1架電あたり+アポイントが取れた時の成果報酬といったような形になります。

もしくは固定報酬をいくらか払い、その後にアポイント一件取得できれば、
上乗せするような金額になります。

テレアポ代行サービスの料金比較 オプション費用

テレアポ代行サービスの料金比較として
成果報酬固定報酬ハイブリッド型をご紹介しましたが、
こちらにはオプション費用が発生するケースがあります。

内容としてリスト作成代金や、スクリプト修正費用、営業コンサルティング費用というものが発生します。

オプション費用 リスト作成代金

ターゲットリストを作成する際に企業によってはリスト作成代金が発生します。
こちらは一件あたり数十円が目安になります。

ただし他社のツールなどを使用してターゲットリストを作ったりするケースもあるので、
自社でやった方が安いこともあります。

営業活動においてこのターゲットリストが、
かなり重要になる為、こちらをツールで作ってしまうとコールアポ率が減少したり、
受注まで繋がらないケースが発生してしまいます。

そのため、こちらのターゲットリストについては自社で用意するのか、
他社様に依頼するときもツールだけで判断をしているのか
といった点を踏まえてしっかりとヒアリングを行ってください。

オプション費用 営業コンサルティング費用

プロジェクトを遂行する上で営業マンが1人ついてコンサルティングを行う費用になります。

テレアポ代行サービスを行っている企業は、
レポートの提出のみを行う企業様がいたり、
途中で架電をしている途中で方向を変えます、というだけの企業様が多いです。

その中でしっかりとターゲティングを行い、
トークを変更するためのコンサルティング費用となります。

コンサルティング費用のため、数万円から数十万円が発生するケースになります。

オプション費用 資料郵送代行

テレアポ行う中でどうしても資料を送付してくださいといった企業があります。

メールアドレスからの送付ではなく資料をポストに投函してください、というケースになります。

こちらも資料の郵送を350円などで行うケースの企業様もいます。

オプション費用 スクリプト修正費用

最初のトークスクリプトを作成した後には、
そこからトークスクリプトを修正しないケースがあります。

また修正する際にも、費用が追加で発生するケースがあります。

ただしこのトークスクリプトに関しては、
ターゲットリストへの訴求のため、何度も変更した方が本来は良いので
こちらも依頼前に料金の比較の中でしっかりと確認をしてください。

テレアポ代行サービスのポイント

テレアポ代行サービスの比較検討を行う上で。重要なポイントをご紹介します。

テレアポ代行サービスのポイント 誰がコールをするのか、

テレアポ代行ではコールをする人も重要になります。

なぜならばしっかりと商材を理解した上で、
商材の強みもしくは弱みといった点を理解し、
その質問に対してしっかりと切り返しを行うことが重要になります。

全く業界を知らないような商材を販売する際には、
どうしても声に自信がなくなってしまったり、
知識面で圧倒されてしまいアポイントが取れないケースがあります。

価格を抑えた企業様の場合だと、
どうしても大学生のアルバイトを雇ったり、
マイナビバイトといったところで、バイトを募集して依頼するケースがあります。

そのような職場の場合では、入れ替わりが激しかったりするため
なかなかナレッジがたまらず、ただコールをするだけになってしまいます。

この誰が行動するかという点は必ず聞いた方がいいでしょう。

テレアポ代行サービスのポイント トークスクリプトの作成

このトークスクリプトの作成はテレアポ代行する上で非常に重要になります。
弊社でもご紹介しているのですが、
営業活動は、商材×ターゲット×訴求でできています。
この訴求の部分がトークスクリプトにあたります。

そのためこのトークスクリプトを作った意図をしっかりと
先方が話せるようなテレアポ代行サービスの会社に依頼をしてください。

テレアポ代行サービスのポイント コール進捗やポイントの獲得について

このコール進捗やアポイント獲得について、
テレアポ代行会社は共有をします。

ツールを使っている企業によっては、
コールの進捗がリアルタイムで見れたり、トークの内容を録音できたりします。

またアポイント獲得後のフローに関しても、
チャットワークスラックでの共有のみの企業もいますし、
カレンダーに記載をしてくれる企業もあります。

こちらも最初にしっかりとアポイント獲得時に、どういったフローにするのかを決めてください。

テレアポ代行サービスのポイント料金体系

先ほどお伝えした際アポ代行サービスの比較料金体系を参考にしてください。
ただしこの中でどうしても複雑な料金体系にしていると、
料金体系の企業だと依頼する際に面倒だったり、予算取りが難しいケースがあります。

またオプション費用が結局、追加でもろもろかかってしまい、
そもそものテレアポを代行する意味を見失ってしまい効果が出ないケースがあります。

こちらは気をつけてください

テレアポ代行サービスのポイント アポイント取得後のフォローについて

テレアポ代行会社の中には、事前確認の電話をしたり、
クロージング訪問まで、行ってくれる企業もあります。

テレアポ代行会社がアポイントを取得し、その後アポイントを取得、そしてリードの獲得。
そして事前確認を行い訪問まで行き、
そこからトスアップをするような流れになります。

テレアポ代行サービスのポイント テレアポ代行会社を使った失敗例

最後にテレアポ代行会社様を使って失敗をしたケースを共有します。

1アポイントは取れるが受注しない
テレアポを外注する意図としては、
基本的に受注につながるアポイントを取得してもらうことが多いです。

ただしやってしまいがちですが、
このアポイント数は取れるが受注に繋がらないケースが非常に発生しやすいです。

理由を見ていきましょう

理由1 KPIの設定のミス

どうしてもテレアポ代行サービスに依頼をする企業様は 、
KPI をアポイント取得数に設定してしまうケースが多いです。

こちらは自社でアポイントから受注につながるアポ取得率を見た際に、
だいたい5件に1件受注するといった受注率が出るかと思います。

そのためこちらの数字をテレアポ代行会社にも、共有し依頼をするケースが多いです。

ただ、テレアポ代行会社にとって1アポイントあたりの成果報酬の場合、
どうしてもアポイント件数を追ってしまうため、アポの質が落ちたりします。

また1件あたりの成果報酬の場合に関してもひたすらコール件数を増やしていくので
良いヒアリングができなかったりします。

こうしてそちらを修正するために諸々変更をしますが、
当初の KPI を見失いがちになるので注意してください。

理由2 コール担当者がサービスの理解度がすごく低い

テレアポ代行会社の例としてコールを担当する人間の能力の高さは重要になります。
例えば様々なサービスを経験しているのであれば
実際にサービスの強み弱み、業界の特徴をしっかりと理解し、
素早く展開をすることができます。

ただしこちらの理解が足りない場合、
特に大学生などの場合ですと、なかなか業界の用語がわからなかったり、
サービスについても分からなかったりします。

なのでどういった方が架電するのかとは非常に重要になります。

理由3 営業フローを理解してくれず言われたことだけをやるテレアポ代行会社

実際にテレアポ代行会社を使うケースで
どちらが主導権を握りながら依頼をするかといった点になります。

テレアポ代行を行う場合、依頼主側が
まるっとテレアポ代行会社のリソースを使うと、
トークスクリプトの変更や結果を見て分析といったところも依頼主側がする必要があります。

ただし、そもそもの点でテレアポ代行会社を使うメリットとしては
どうしてもコンサルティングの要素が強いはずです。

なぜならば自社で自分で分析をしてリストも作れるのであれば
自社でアルバイトを雇ったほうが早いからです。

なのでテレアポ代行会社様のバリューとして
言われたことだけをやるのではなく、
しっかりと御社の営業フローを理解して、営業の提案をしてくれる企業様を利用しましょう 。

株式会社バーチャルテックの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です