Virtual Tech

営業代行知識

営業代行サービスってどうなの?業務内容や導入でのメリット・デメリットを解説!

営業代行サービスってどうなの?業務内容や導入でのメリット・デメリットを解説!

営業代行サービスを使ってみたいけど、わからないことが多く『どうなの?』と足踏みしてしまうことも。そんな方へ向けて営業代行サービスのメリット・デメリットや、導入の流れを解説します。ポイントを知って売上目標達成や仕組み構築の参考にしてみてください。

記事の目次
1.営業代行サービスについて徹底解説!
2.営業代行サービスとは?
3.バーチャルテックの代行業務を解説!
4.営業代行はメリットがたくさん!バーチャルテックへご相談を!

営業代行サービスについて徹底解説!

業務内容や違いを知って営業代行を活用する

売上が思うように伸びなかったり、自社営業の弱点を解決したいと考えたりした場合に、思い浮かぶのが「営業をアウトソーシングする」ということです。

営業のアウトソーシングには大きく分けて「営業代行」と「営業派遣」の2種類があり、違いや特徴がわかりづらいがために利用をためらってしまう方もいるのではないでしょうか?

『営業代行って実際にどうなの?』と悩んでしまう方向けに、営業代行のサービス内容やメリット・デメリットを含めて解説します。また、弊社の営業代行内容からおすすめの利用方法を探す参考にしてみてはいかがでしょうか?

営業代行サービスとは?

営業代行について知ってみよう!

営業代行サービスを利用したいと考えている企業は、自社営業のやり方に危機感や弱点を感じていたり、実際に思うように売上目標が取れないことがお悩みになったりと、さまざまなケースを抱えていると推察できます。

ここではまず営業代行の内容や違い、メリットなどを解説します。『営業代行を使いたい!』と考えた方はまず、営業代行について知っておきましょう。

営業代行と営業派遣の違いは?

「営業代行」と「営業派遣」は混同してしまいがちです。まずは似ている2つの契約内容や違いを解説しますので、きちんと理解した上で、適切な使い方ができるように覚えておきましょう。

もっとも大きな違いは「マネジメント権」がどこにあるかです。

「営業代行」は業務委託契約を結び、委託された業務内容を営業代行会社内で完結するため、営業代行会社がマネジメント権を有しています。

「営業派遣」は派遣された企業にマネジメント権があり、派遣先の指示によって業務遂行する違いがあります。

営業代行

営業代行はチームとして営業に参加する場合がほとんどです。基本的にチームとして業務遂行するため、経験が蓄積されていきます。

同業他社での経験や業界ごとの特徴などをとらえて、適切な営業方法を立案したり、コンサルティングをしたりと効率的な営業につながります。

営業派遣

個人が派遣先で営業を行うのが、営業派遣です。営業派遣をよく使うシーンはクレジットカードなどの勧誘や携帯電話やインターネット回線の販売スタッフなどが挙げられます。

どの企業に派遣されても「売るものが明確で、個人の力量が高ければ」短期間で売上を確保できる可能性があります。

選び方のポイント

  • 営業代行は「新規案件やプロジェクト単位」で営業を進めるときに有効
  • 営業派遣は「売るものや業務内容がすでに決まっている」ときに有効

営業代行サービス導入のメリット・デメリット

営業代行サービスには豊富なメリットが存在します。得られる利益や、営業代行サービスを使う目的から最適なサービスを選択することでメリットを最大化し、デメリットを抑えることが可能です。

営業代行サービスを利用するメリット・デメリットをそれぞれに分けて解説しますので、チェックしておきましょう。

メリット

営業力のある社員を育成するには、膨大な時間とお金を必要とします。また、営業戦略を策定するときにも経験の蓄積や、多角的な分析が必要です。

営業代行サービスを利用することで、コスト削減と経験値の高い即戦力になる人材を営業へ投入できます。

さらに、営業代行会社が培ってきた人脈や、自社では思い浮かばなかった業種・規模の企業へアプローチするなど、新しい販路拡大につながることなどがメリットです。

デメリット

少なからず、営業代行を使うことによってデメリットが発生します。

営業代行へ業務委託することで自社のみでの営業オペレーションを完結するよりも、全工程や動きを把握することが難しくなってしまいがちです。

それに加えて、営業代行をオペレーションに組み込むと、解約した際に売上減少につながるおそれがあります。

この2点が主なデメリットですが評判を基に綿密な打ち合わせをしたり、営業代行を使う費用対効果を考慮したりと工夫しながら営業代行を使ってみてください。

代行サービスの気になる報酬や手数料は?

具体的な金額は案件や契約期間などによってさまざまです。営業代行サービスを利用するときに必要な手数料や報酬は大きく分けて2つの体系に分けることができ、それぞれに特徴や違いがあります。

ここでは報酬の違いを分けて解説します。

固定報酬

固定報酬は月額や契約期間に、一定額を支払います。

売上があってもなくても費用が発生するので、導入にためらってしまう企業もあるかもしれません。しかし、固定報酬を前提としている営業代行サービスは豊富な経験や知識を有している場合が多くなります。

固定報酬で契約すると、売上が想定以上に取れた場合も報酬は変動しないこともメリットのひとつです。

営業代行会社の事例や強みを考慮して、自社に効果的な影響がある・業績UPにつながりそうな会社を選びましょう。

成果報酬

成果報酬はアポイントの獲得や受注などの成果に対して報酬が発生します。

初期コストを抑えることができますが、営業代行会社は成果を上げない限り報酬を得ることができませんので扱う商材が成果を上げにくいと判断した場合はお断りすることも。

すでに成果が出始めている商材に対して営業工程を業務委託し、成果報酬を提案する場合は売上に連動して報酬が発生するので営業代行会社としても受託しやすいと考えられます。

営業代行を依頼する流れは?

営業代行に関する知識を解説したところで、実際に依頼するまでに考えておきたいポイントと流れを、3ステップに分けて解説します。

『自社がなぜ営業代行を利用するのか?』しっかりと考慮した上で相談しなければ、思っているような売上や効果を発揮しません。それぞれ解説しますので、チェックしておきましょう。

課題の明確化

純粋に「営業リソースが足りないから依頼」するのか、「新規案件を軌道に乗せたいから営業のプロに依頼」するのかでは業務内容が異なります。自社がなぜ営業代行を使いたいのか「課題を明確」にした上で依頼することが重要です。

さらに依頼内容に応えられる実績や事例があるのか?適した提案内容をしてくれるのか?を考慮して、最適な営業会社を選びましょう。

営業戦略の相性

営業代行会社によって強みが異なります。法人テレアポに特化していたり、インサイドセールスを得意としていたりとさまざまです。

自社商材に適した営業戦略を提供してくれる営業代行会社を選ぶようにしましょう。実績があり、あらゆる営業サービスを扱える会社へ相談してみてください。

費用対効果

企業活動である以上、コストが必要です。営業代行会社と契約する前に、どれくらいの予算を割けるのか、何カ月分までなら予算を使っても大丈夫なのか、売上をいくら取れれば採算が取れるのかと費用対効果やコストを計算しましょう。

営業代行サービス選び方のまとめ

  • 選び方1:メリット・デメリットの把握
  • 選び方2:報酬体系をチェック
  • 選び方3:代行サービスの強み・特徴
  • 選び方4:営業戦略との一致性

バーチャルテックの代行業務を解説!

試したい営業手法を知る

弊社は、近年注目を集めているインサイドセールスをはじめ、さまざまな営業支援実績があり、豊富な事例から最適な提案をできる営業代行会社です。

ここではバーチャルテックが提供する主な営業代行サービスの具体的な内容や得られる効果などを解説します。どのような課題に適しているのか、自社の悩みと重ねて最適な代行業務を選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか?

インサイドセールス

インサイドセールスは電話やメール、オンライン会議などを利用した営業手法です。既存の営業手法との違いは見込み客を作る・育てる部署と実際に商談を行う部署を分業化し、効率的な営業につなげます。オンラインなどの通信手段でヒアリングし、ニーズを成約できる状態にまで高めるのがインサイドセールスの役割です。

簡単に言うと「見込み客のニーズを最大限にまで高め、実際の商談を行い、成約の確率を上げる」手法です。インサイドセールスは新しい手法であり、やり方・導入方法ひとつで成功と失敗が大きく別れてしまいます。

「ただ分業化をすればいい」ものではなく、見込み客の状況を把握し管理する体制・最適な情報提供・継続した接点の構築など取り組むためには、専門的な知識が必要です。

インサイドセールスの効果

インサイドセールスの効果には商談数の増加や精度の向上が挙げられます。営業に関わる工程を分業化することで、効率を最大限にまで高めることが可能です。

見込み客を引き継ぐために、ヒアリング内容を数値化したり、記録化したりする仕組みが必要です。このことから、これまで数値による管理が難しかったプロセスを「見える化」することにつながります。

バーチャルテックでは営業企画からインサイドセールス、フィールドセールスまで各分野のスペシャリストがチームを組んで、高い品質のセールスを提供しています。

テレマーケティング

テレマーケティングは一般的にテレアポと呼ばれる営業手法です。架電することで、自社商材を企業に訴求し、アポイントを取り付けます。

テレアポを専門にする営業代行もあるほど、オーソドックスな手法です。架電するリストの作成からトークスクリプトの作成まで担う会社も存在します。

バーチャルテックでは既存リストへの架電はもちろん、これまでアプローチしたことがない業種のリストの作成まで代行可能です。

テレマーケティングの効果

テレアポは担当者と会話するため、ウェブサイトやメールなどからは見えないニーズを把握できる可能性が高い手法です。電話にてニーズの有無を探る、アポイント設定できるとうまくいけば最短で商談・成約に至ります。

しかし、テレアポ自体のイメージや、そもそも電話からのアプローチを断る企業もあるため、一筋縄ではいきません。

バーチャルテックではアポイントにつながる可能性が高いリストを作成できるため、即効性のあるテレマーケティングを提供しています。

飛び込み営業

営業リソースが不足している企業様には、飛び込み営業の代行することも可能です。エリアを絞って行えば実際に足を使って営業しても、一定の効率を担保できます。

個人の能力に左右される・効率の上限が早く訪れるなどのデメリットがありますが、飛び込み営業は五感から顧客のあらゆる情報を得られるため、即効性の高い手法です。

飛び込み営業の効果

バーチャルテックでは、飛び込み営業をしても、商談まで取り付けられるスペシャリストが多数在籍しています。

実際に飛び込み営業を行い、いただいた名刺に対してアプローチを掛けて提案を行ってきました。そこから弊社の強みであるインサイドセールス施作を展開していただいた経験もあります。

まずは既存の営業手法から営業代行を試してみてはいかがでしょうか?

商談・クロージング

例えば、ウェブマーケティングが得意な企業は見込み顧客は簡単に取れるものの、アプローチから商談・クロージングに至るまでのリソース不足でお悩みのこともあるでしょう。受注を確定させるためには商談・クロージングの営業工程は欠かせません。

これらの営業代行サービスを依頼する場合は、しっかりと見込み顧客を獲得し続けられているかを確認してから依頼するようにしましょう。

商談・クロージングの効果

バーチャルテックではアポイントや実際の訪問商談まで代行可能です。顧客のステータス管理も行い受注業務まで対応できます。見込み客作りは困っていないが顧客管理が苦手などのリソース不足に悩まれている企業様も一度ご相談ください。

営業代行はメリットがたくさん!バーチャルテックへご相談を!

まとめ

営業代行サービスは、自社の目的や状況をしっかりと把握して使えば最大限の効果を発揮します。まずは、自社がどのような課題を抱えているのか、しっかりと把握させた上で相談しましょう。

営業代行と営業派遣の違いや、営業代行を依頼するまでの流れまで解説しましたので、依頼前の参考にしてみてください。

バーチャルテックは法人営業に強く、得意とする「インサイドセールス」の導入はもちろん、テレマーケティング〜クロージングまで多岐にわたる営業プロセスを代行可能です。これまで数多くの取引先様と実績を重ねた信頼に評価・評判をいただいています。

自社営業の課題を解決したり、より強固なものにしたいと考えたりしている企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

株式会社バーチャルテックの最新情報をお届けします

一緒に読まれている記事

contact

お問い合わせ

お客様の新しい挑戦を日本一応援致します。

アポイントが取得できない、アポイントがもっと欲しい、営業する人材が足りない。 など、営業回りの課題があればお気軽にご連絡をお待ちしております。